ソムリエの専門知識を活かして厳選したアイテムばかりが勢揃い

小倉でワインをお探しの皆様のお役に立てるよう、世界中の産地やワイナリーの情報には常にアンテナを張っています。奥深いお酒のため、生産者との直接のやりとりこそ、お客様に特別な一本をご提供するために欠かせないことです。実際に産地に行くことで、その年の味わい、生産量など、生産者から聞かないと分からない情報を入手することができます。そして、あまり有名な商品ではないのに、試しに飲んでみると「非常に美味しい」と感じるものに出会うこともあり、お客様へもご紹介が可能になるのです。
古武士屋は大正7年より輸入洋酒を取り扱い、インポーターや生産者との信頼関係を築いているため、国内でも入手しにくい希少なアイテムも取り扱っております。また、豊富な知識にも自信があり、セレクトでお困りの方には、ふさわしいシーンや相性の良い料理のご紹介だけでなく、生産者の情熱をお伝えいたしますので、きっとお値段以上の価値を感じていただける一本に出会っていただけます。上質な一本は栽培から収穫まで徹底的にこだわっています。ソムリエが厳選した世界中の商品などをご紹介しておりますので、ぜひご利用ください。

  • スタッフずま ドイツ研修 フーバー醸造所

    2020/06/01
    2019.5.25 フーバー訪問。 タイムス紙がブルゴーニュ気をつけろよ! シュペートブルグンダーが来てるぜ! って言うぐらいエレガントなピノ。 あり得ないぐらいの...
  • スタッフずま ドイツ研修 ゲオルグ・ブロイ...

    2020/05/31
    2019.5.24 2日目まずワインオブジャーマニーによる、ドイツワインの概要を教えていただいた。 元々安い甘口ワインから、近年はハイクォリティな辛口高級志向にシフ...
  • スタッフずま ドイツ研修 リューデスハイム...

    2020/05/30
    2019.5.23 朝9時に羽田からほぼ寝る事なく、映画を4本見てドイツ無事到着。 フランクフルトから電車でリューデスハイムへ。 ライン川沿いにある小さな村。 とて...
  • SW200_L

    2018 アメリカ オレゴン ワシントン

    2018/04/06
    今年の5月に10日間 オルカさん主催のアメリカ研修に行ってきました。今までのアメリカワインは カリフォルニア・果実味たっぷり・力強い等のイメージでしたが 今回...
  • 永松部長 ドイツ渡航記

    2017/05/10
    今年はヘレンベルガー主催。6つの生産者を巡る7泊9日の研修に行ってきました。 正直行く前までは全く気分が乗らず行くことさえ悩んでいました。 その理由はド...
  • テレザ・ライツ

    2011/11/03
    なんだ~ この巨大な椅子!!        フリウリのマンツァーノ(Manzano)って家具作りの盛んな地域なんですって。それでこの巨大な椅子は家具の街であることのシ...
  • カンティーナ・ボルツァーノ

    2011/07/04
    トレンティーノからアルト・アディジェへ。 ここはオーストリアに隣接しており第一次世界大戦まではオーストリアに帰属していたため、現在も日常ではドイツ語を使って...
  • ロータリー

    2011/07/03
    アルプス山脈の麓となり周りには切り立った山々に囲まれる。 周辺の山とガルダ湖、そして遠くはアドリア海からもたらされる風がはスパークリングワインとしての葡萄...
  • フェウド・アランチョ

    2011/07/02
    中々、ブログの更新ができません。 セミナーの生徒さん先月のお料理レシピ、もう少し待ってね。 さて、イタリア旅行記の続きがまだまだあるのでそちらからアップ...
  • ヴィエ・ディ・ロマンス

    2011/07/02
    南イタリアのシチリアから一気に北イタリア白ワインの銘醸地”フリウリ”に移動。 「北の巨人」な~んて異名を持つジャンフランコ氏に会える事も今回の旅の楽しみのひ...
  • グルフィ訪問(シチリア)

    2011/06/24
    アジィエンダ・アギリコーラ・グルフィ 大きい。かなり裕福なワイナリーと見た。 オーナーのヴィト・カターニャ氏はシチリア生まれのパリ育ち。子供の頃はかなり苦...
  • イタリア旅行記 パッソピシャーロ

    2011/06/18
    イタリアに行ってました。 シチリア州 → フリウーリ州 → トレンティーノ・アルトアディジェ州 → ヴェネト州と南から北迄の素晴らしいワインの生産者を訪問してき...
  • 2009年 ブルゴーニュでの収穫

    2010/02/12
    2009年のブルゴーニュはとても素晴らしい天候に恵まれ、2005年をも上回るのではないかと言われています 昨年、そんな素晴らしいヴィンテージに収穫参加できる機会に...
  • ラ・パン 兎と亀のボージョレ・ヌーヴォ

    2009/11/21
    2009年産のボージョレ・ヌーヴォ もうお試し頂きましたか? 私は50歳を記念して今年ブルゴーニュで葡萄収穫に参加してきました。 <収穫についてはまた後日アップ...
  • ニュージーランドの記憶

    2009/06/12
    3年前に行ったニュージーランドです。 同じ島国のせいでしょうか、私達日本人にとって過ごしやすい風土。 ニュージーランドの人はフレンドリーでおっとりしてて人がよ...
  • ルイ・ジャド醸造所見学

    2008/11/17
    ルイ・ジャドの醸造所は1859年に創立された歴史のあるネゴシアンです。 この素晴らしい醸造所は1997年に新設、ジャド社の醸造をまかされている天才醸造家といわれる...
  • 樽工場 -

    2008/11/16
    朝早起きして向かったのはルイ・ジャド社が所有する樽工場"カデュス"です。 ワインに不可欠な樽を自社で生産してるのはブルゴーニュではルイ・ラトゥールとルイ・ジャ...
  • ルイ・ジャドーでディナー

    2008/11/15
    ああ。。ついにやってきた、この瞬間。 実は私このツアー参加3度目。 初めての参加が2000年でその時にジャコバン修道院でディナーを頂いた時に飲んだワインにぶっ...
  • ルイ・ジャドのカーヴ

    2008/11/14
    ルイ・ジャド社はネゴシアンでありながらドメーヌでもあります。 ??? ネゴシアンって? あ、すみません。ネゴシアンは葡萄や出来上がったワインを買い取って自社でボ...
  • ブルゴーニュ 聖地巡礼

    2008/11/13
    ブルゴーニュはボルドーと並ぶ大銘醸産地です。 最近は聞かなくなりましたが私がワインを知った20年前はボルドーワインは女性的でとブルゴーニュワインは男性的と言わ...
< 1 23 >

小倉にワインの専門店を構えて100年以上の歴史があり、約2,000の商品ラインナップは自慢の一つです。世界中の生産者の情熱を皆様にお届けできる存在でありたいと願っており、現地のワイナリーを訪れて実際に試飲し、納得して仕入れた確かなものもございます。「BBQといったお肉を楽しむアウトドアのシーンには、強いコクがありながら飲みやすく、リーズナブルにお買い求めいただけるチリのものがぴったり」というように、シーンに合った一本を産地や特長を解説しながらご紹介させていただきますので、お気軽にご相談ください。
いくらシーンにばっちり合うものをセレクトできても、好みが分かれやすく、缶ビールのように「よく冷やすと美味しい」と一概に言えるお酒ではありません。そのため、様々な飲み方を知っておく必要があると言えるでしょう。ワインを専門的に扱う小倉の古武士屋はソムリエ在籍のショップのため、飲み方のアドバイスも可能です。例えば、デキャンタージュを行った方が美味しく楽しめる場合があります。これは、ボトルから専用のガラス容器に移し替えて空気に触れされ、味わいを変化させることです。美味しい飲み方を知ると人生が変わると言って良いほどの奥深さがあります。