ニュージーランドの記憶

2009/06/12 訪問生産者ブログ

3年前に行ったニュージーランドです。
同じ島国のせいでしょうか、私達日本人にとって過ごしやすい風土。
ニュージーランドの人はフレンドリーでおっとりしてて人がよさそう!!って印象。
人より羊の多い国なんだからびっくりですよ。

オークランドではヴィラ・マリアの社長ジョージ・フィストニッチ氏のご自宅で御馳走になりました。
     
この方が、優しくって良い方なんですよ~♪

ペットのにゃんこはちょっと女王様っぽいんですがワンちゃんはとってもキュート。可愛かったな~。


ニュージーランドで印象に残った食べ物は「ツナ」
レアなツナステーキはとっても美味しかったです。


そして、、、NZでのとっておきの思い出↓
     

ハンサムでしょ!!
ヴィラ・マリア社の主任ワインメーカーのアラスター・メイリング氏です。
2000年にニュージーランドで6番目のマスターオブワインの合格者で、2002年よりヴィラマリア社の 統括ワインメーカーを務めています。
2007年のインターナショナル・ワイン・チャレンジで「2007年度白ワインメーカーNo1」を受賞した凄い人なんですよ。

なのに、ちっともお高くないの!!
いつも真摯なスタンスでワインと向き合ってます、って感じが伝わってくるんですよ。
国民性なんですかね。。。いやいや人柄ですよね~。

ワインは人なり♪ 素敵な人が作るワインは素敵に美味しいもんなんですよ。

ヴィラ・マリアのワイン、是非お試し下さいな。