6月おすすめ商品 ~2~ メゾン・ヴォントナック オール

2021/06/03 古武士屋日記

井筒屋店、岩本から、今月のおすすめ商品のご案内です!

メゾン・ヴォントナック オール

 

南仏、カルカッソンヌ近くでヴォントナック村の大規模生産者のメゾン・ヴォントナック。

南仏によくある、「大量生産」「培養酵母」を離れ、「小規模生産」「ビオ」「天然酵母」そして、「テロワール」を表現するために化粧のような樽熟成を避けた生産者です。

 

今月おすすめの数種のワインの中で、「これは美味しそうだ」と、真っ先に試してみたワインです。

ロゼというと、「甘い」「素人っぽい」なんて思っている方もいらっしゃるのではないでしょうか。

いやいや、そんなことはありません。

甘口のロゼワインは、ロワール地方の”ロゼ・ダンジュ”や、”カベルネ・ダンジュ”といったところで、ほとんどのロゼワインは辛口のものが多いのです。

 

今回ご紹介する”オール”。

メゾン・ヴォントナックの位置するカバルデスは、1999年にAOCに昇格した地域で、地中海とボルドーのある大西洋側とのちょうど間に位置し、ほかの南仏の地域よりも降水量が多いことが特徴の一つです。

ヴォントナック村は、さらにその名の通りVent(ヴォン、風の意)が吹き、冷涼な空気が入り込む地域。

ここから生まれたこのワインは、フレッシュ、フルーティをテーマに造り上げたロゼワイン。


 

今夜のおかずは、チキンのカレー煮込みだったので、迷わず抜栓してしまいました。

綺麗な色合いのとおり、ピンクグループフルーツを連想する柑橘系の味わい。

小さな赤い果実のニュアンス。

程良い酸味は、全体をフレッシュに感じさせてくれます。

カレーのスパイスにも怯むことなく、みごとな調和を奏でてくれました。

 

今夜のおかずは他にも、

オリーブオイルでいただく冷奴、

毎日のお決まり、酢キャベツ、

白菜とベーコンのサラダ、

小松菜の含め煮。

 

どの総菜と合わせてみても、

ぴしゃり!

 

すごいですね。このロゼ!

なにも迷うことはありません。

メゾン・ヴォントナック オール

税込価格 ¥2,200.

あっという間に1本、飲み干してしまいます。