今更ながらエラスリス

2021/03/23 古武士屋日記

本日ご紹介するワインはすでに皆様ご存知かと思われるチリが世界に誇るワイナリー

エラスリス!!

さまざまなラインナップの中、徳山のお気に入りはアコンカグアコースタ ソーヴィニヨンブランです。

と、言うのも

実は以前こちらのワイナリーに研修に行きまして特別思い入れがあるワインの一つでもあります。

写真を見返してみると2017年4月に伺っていました。

日本から約30時間ほど飛行機を乗り繋ぎ南半球は真逆の季節。

と言っても夏の終わりくらいの感じで気候は陽射しのあるところは暑く日陰は冷たい風のおかげもあって涼しい場所でした。

最初に行った畑はアコンカグアヴァレーの海に近い(コースタ)エリア。

畑を見て周り、説明を受け、その畑で収穫された葡萄で造られるワインを現地でいただくという贅沢な試飲会。

ちょっと暑い中このソーヴィニヨンブランがめちゃくちゃ美味しかったのを思い出します。

ちなみにチリはあんまり雨が降らないみたいでエラスリスでは葡萄のため(ワインの為)人工的に湖を作っちゃったりしてましてその規模にもびっくりしました。

段々と春めいた気候になってきたのできっとこのソーヴィニヨンブランが美味しく飲めるはず!っと思い久しぶりに買ってみるとなんと現地に行った当時のヴィンテージ!!

なんか勝手に一人で楽しくなってあっという間にワインが空いてしまうのでした。

爽やかだけど蜜感たっぷりのこちらのワイン

ぜひ皆様もいかがですか〜?