シャルドネのお話

2021/02/22 古武士屋日記

5月並みの暖かいポカポカ日和な22日(月)ブログ担当菊竹です

本日はアメリカのシャルドネ種のルーツと云われるワイナリー紹介です。

アメリカで現存する最も歴史のある家族経営ワイナリー

「ウェンテ ヴィンヤーズ」

1849年、カリフォルニアのゴールドラッシュ時代"フォーティナイナーズ"の一人としてドイツから移住してきたカール・ウェンテ氏により、1883年、リヴァモア・ヴァレーに19ヘクタールの土地を購入し、ウェンテワイナリーを創業。南仏よりアメリカへ初めてシャルドネを持ちこみ"禁酒法時代"もミサ用のワインとして生産を許可され、「アメリカ最古の途切れることのない家族経営ワイナリー」と称され、130年間以上も愛され続けています。

現在、カリフォルニア産のシャルドネ種は、このワイナリーが起源といわれています(遺伝子検査で約90%は確定されているそうです)

その中で数量限定品のご紹介。

「ウェンテ エリックス シャルドネ 2018」

希望小売価格 6,600円(税込み)

因みにこのワイン(18ヴィンテージ)は日本に120本しか入荷していない隠れレア商品!かな?

醸造:ステンレススチールタンクで一次発酵

熟成:ステンレススチールタンクにて4か月間シュルリーをおこないます。

味わい:レモンの皮、青りんご、白桃、パイナップルの香りを放ち、ジャスミンとマンダリンオレンジのニュアンスが感じられます。このワインは果物と酸味のバランスが優れているので、どんなお料理にも合います。