飲食店応援ワイン会 「ビストロシンク」

2020/11/26 古武士屋日記

いつもお世話になっております。

体重の増加が止まらない!コロナ太りという事で。。。

どうもずまです。

9月からスタートした飲食店応援ワイン会。

自分が担当する2回目のバトンがきました。

今回は小倉北区に店を構える「ビストロシンク」

オーナーは小学生の同級生。

約5年前ぐらいだったかな。。。自分がチリから海外研修に帰ってきて、エラスリスワイン会を開催して以来、「ビストロシンク」での開催となります。

今回はイベントをやるにあたりお互いに時間もあり、あの頃よりも成長したのだろうか。料理やワインの構成、段取りなどスムーズに話が進みました。なにより昔から仲良くさせていただいているので、そこの信頼感が大きかったのもあります。

 

 

ゲストが揃ったところで

乾杯はドイツの世界遺産の村で作られる「バハラッハー リースリングゼクト」泡がクリーミーで味わいがしっかり。コスパが恐ろしく高い個人的にも大好きな1本。

1品目「オードブル4種盛り」

サバリエット チーズ豆腐 ドライいちじくバター ローストポーク

2品目「ミュスカデヌーヴォー ランドロン」

前日がボジョレーヌーヴォー解禁日だったので、旬なワインをチョイス。

「ヒラメのカルパッチョ」に、酸がちょうど良く合いました。

3品目「ビービーグラーツ アンソニカ」

近年よく耳にするオレンジワイン。ただ飲んだことがないという方も多くいらっしゃるので、イタリアのオレンジワインをチョイス。ジョージアのオレンジワインと比べると味わいはクリアで綺麗な印象。

「サツマイモと栗のポタージュ」

4品目「ボジョレー・ヌーヴォー ポールサパン」

こちらも解禁したてのヌーヴォー赤をチョイス。良い意味でヌーヴォーらしからぬ凝縮感。

「カニと玉ねぎのキッシュ」シンクの名物料理の1つキッシュ。お客さんも手土産に買っておりました。

5品目「ジャム・バターシャルドネ」

アメリカのその名の通り、樽香がしっかりと効いたボリュームを感じる白ワイン。

「真鯛とホタテのパイ包みクリームソース☓ポルチーニリゾット添え」

樽香のリッチなワインと、クリームソースが融和したマッチング。

実はドイツの樽感をしっかり感じるヴァイサーブルグンダーも迷いました。。。。

6品目「ボーグル オールドヴァイン ジンファンデル」

カリフォルニアのオーク熟成によって、まろやかでスパイシーな赤ワイン。

「牛タン赤ワイン煮込み」

赤ワインソースと、ワインのトーンが丁度良くて、良きマッチング。

参加したゲストの好みや、マリアージュに対しての感想など勉強になりました。

ワインの話から、脱線して。。。脱線しっぱなし!?でしたが

別れ際に楽しかった!ありがとう!と言っていただき、ほっと安心しました。

参加いただいたゲストの皆様。

「ビストロシンク」のスタッフの方々。

本当にありがとうございました。