門司港「プロペラkitchen」でワインランチ!

2020/10/27 古武士屋日記

地元北九州の飲食店さんを応援しよう!

9月より、古武士屋スタッフは毎週どこかのお店でワイン会を開催してます。

7回目となる今回は、僕、徳山が担当します。

 

小倉から少し足を伸ばして門司港 お店は『プロペラkitchen』さんへ 。お昼からちょっぴり贅沢なランチコース&ワイン会。

 

ワインのテーマは関門海峡とメッシーナ海峡(イタリア本島とシチリア島の間) になぞらえて、シチリア州やカラブリア州のワインを中心に全てイタリアワインを準備しました。

 

少し早めにご来店されたお客様もお待たせしないようウェルカムドリンクとして ピエモンテ州フォンタナフレッダ社のスパークリングでお出迎え。名前も『エソルディオ』という『デビュー』や『初舞台』という意味を持つワインです。はじめましての顔ぶれも多いなかちょっぴり緊張を和らげてくれました。

拙い挨拶にてスタートし まずは乾杯の泡はカラブリア州のフェッロチント ドヴィロゼ2015。アリアニコ100%で造られる華やかで赤い果実のニュアンス。当日の快晴にふさわしい味わいでした。

 

当日のお料理の内容は…

 

・前菜盛り合わせ

・自家製コンフィ(サーモン・ホタテ・砂ずり)

・自家製レバーペースト

・牡蠣のオイル漬け

・豚のテリーヌ

・ムール貝の白ワイン蒸し

・カマンベールチーズとベーコン

・ホウレン草のキッシュ

・ポルチーニ茸のライスコロッケ

・紅玉リンゴとブルーチーズのハニーピザ

・牛ランプ肉のグリル

・自家製ガトーショコラ&ティラミス

 

といったボリューム満点の内容。この日の為に特別コースをご用意頂きました。

 

白ワインは3種類をテイスティンググラスにて並行試飲。イタリアの代表的な白ワインと南イタリアの白ワインを飲み比べ。

 

ピエロパンのソアヴェは久々に飲みましたが、さすがのコストパフォーマンス。

プーリアのエッダは優しいながら力強くふくよかで、あれはモスカートなのかな? 絶妙な香りと味のバランスでした。

 

カラブリアのポッリーノビアンコもミネラリーで桃っぽい感じで。皆様好みのワインをおかわりしながら楽しんでくださいました。

赤ワインはシチリアワインを2種類、こちらも飲み比べ。

 

口当たりは柔らかくそれでいてパワフルな味わいのベヌアーラ。

熟成が進んできてエレガントだったオルフェウス。

 

そして本日のメインアイテムは、イタリアを代表する著名生産者のスーパートスカーナを2種類贅沢に飲み比べしました!

 

もちろんどちらも素晴らしく…クーポレはこれから時間が経つとより楽しみ。マガーリはしなやかでソフトなタンニンで口当たりも柔らかく、僕もまた買いたいっ!て思う好みのワインでした。

 

メインの肉料理も柔らかくてジューシー。ソースや付け合わせのお野菜などと合わせてワインがまたすすんでしまう...。

バラエティ豊かなお料理に様々なワインを合わせながら皆様楽しそうに過ごしてくださっていたのが微笑ましかったです。


久しぶりにワインのサーブやお料理の提供をこなしつつ、終始喋りっぱなし(ワインの説明などですよ?笑)で、僕も楽しく過ごさせてもらいました!

『プロペラkitchen』

営業時間

11:30~15:00 (L.O.14:00)

(水曜はランチのみ休み)

18:00~23:00 (L.O.22:00)

日曜営業

定休日

火曜・ランチ水曜(夜は営業)

 

ランチから営業していてワインも豊富に取り揃えてますので門司港に遊びに行く際はぜひお立ち寄りください!

今回使用したアイテム

 

エソルディオ スプマンテ ExDry フォンタナフレッダ NV ¥1770

フェッロチント ドヴィロゼ メトドクラシコ 2015 ¥4000

ピエロパン ソアヴェクラシコ 2019 sp ¥2100 サン マルツァーノ エッダ 2018 ¥2500

フェッロチント ポッリーノビアンコ 2016 ¥3000

クズマーノ ベアヌーラ 2017 ¥2500

シリオ オルフェウス エトナロッソ 2013 ¥4000 レ クーポレ ディ トリノーロ 2017 ¥4500

ガヤ カ マルカンダ マガーリ 2016 ¥6500