小倉のイタリアン キアッソでワイン会しました!

2020/10/01 古武士屋日記

地元北九州の飲食店さんを応援しよう!

9月より、古武士屋スタッフは毎週どこかのお店でワイン会を開催してます。

 

今回は私、マエダの番…

と言うことで、昭和館の横のイタリアン「キアッソ」で小さなワイン会を開きました。

 

実はキアッソのシェフは、学生時代から知ってる同級生です。その頃、彼がまさか飲食の道に入るとは全く思っておらず、お店をすると聞いた時は、すごく驚いたのですが、それも今や昔の話。味ひとすじに18年!特に「ピッツァ」と「パスタ」は、「キアッソの味」ともいうべき、ハーブやオリーヴの風味が鮮烈な旨みたっぷりの味わいで、たまに無性に味わいたくなります。

 

今回は、シェフにお願いしてそのピッツァ、パスタを含むコースにして頂きました。乾杯はフランチャコルタ。サテンと呼ばれるブランドブラン。

 

どーん!最初のひと品からこのヴォリュームです!

ブリア・パンチェッタ・サラミの盛り合わせ

私はキアッソでこれがいちばん好きです。ひとりカウンターで、これをつまみにワインを飲むのが至福の時。付け合わせの野菜もたっぷりなのがうれしい。酸の効いたドレッシングがすごくいいのです。フランチャコルタもよし、イタリアの鬼才、ビービーグラーツのオレンジワイン、こちらもよく合いました。

季節野菜&キノコのマリネ・ソテー

お野菜が嬉しい46歳。こちらも綺麗な味のオレンジワインで。

前菜の盛り合わせ

・塩漬けケイパーとアーモンドのブルスケッタ

・水牛のモッツアレラのカプレーゼ

・豚バラ・豚耳・豚足のテリーヌ

・オリーヴ

 

やっと前菜です(笑。

どれも味と香りがしっかりとして、ワインが進んでしまうではないですか(∩º﹏º∩)。

水牛のモッツァレラのパイ

安定のワイナリー、アンティノリのバランス良いシャルドネと合わせて。

PIZZA ナポレターナ(トマトソース・アンチョビ・ケイパー)

でた!オレガノの香りとアンチョビ&ケイパーの塩味がめちゃ美味しい!キアッソ来た〜って感じです。

 

今回、PIZZAにはスペイン・バルセロナのブリュワリーが造るBIOのビールを合わせてみました。…ワイン会なのにすみません(^_^;)。でも現地の人もピッツァの時は、ビール飲む人が多いって、 闘うワイン商 川頭さんも書かれてましたよ、たしか(汗。

 

でもこのビール、とっても美味しかったので、またHP、facebookで改めてご紹介しますね!

PIZZA クアトロフォルマッジ

これはキアッソに来たら絶対食べてください!4種のチーズのPIZZA。久しぶりに食べられて幸せです。

ジャガイモのニョッキ ゴルゴンゾーラソース

手作りのニョッキってなんて美味しいんだろう…。

タコのトマトソース

タイトルがおざなりですみません…シェフがこれで間違いはないって(笑。自家製のフォカッチャから作ったパン粉を乾煎りしたものをかけているとのこと。昔、南イタリアで高価なチーズの代わりにコクを出すためにこういう作り方したんだそうです。フォカッチャにも入ってるオレガノが香り、すごくおいしい。

それからまた、チーズを食べながら、ワインを開け、シェフと奥様も合流し、さらにグラッパをあおりました。皆様お強い!

 

「キアッソの味」で幸せいっぱいお腹いっぱいの夜でした。

 

ちなみに写真は「シェフの娘さん」が書いた おやくそく です。お手洗いに貼ってあります。

これにつきると思うなあ。

 

是非皆さんキアッソへ!おやくそくは守ってくださいね(笑。

食べログ キアッソ の ページはコチラ

 

次回は、また古武士屋永松が担当する予定です。